ふくし生協の歴史


 ふくし生協は、県の生活環境部男女共同参画課県民生活係との協議を進め、またご指導頂きながら精力的に活動を進めてきました。 さらに大分県生活組合連合会日本高齢者生協連合会とも平行して情報交換や事業内容、法人化後の組織加入などについて継続して協議を進めてきました。 初めは組織が小さくとも、手と手を結び合い、高齢者と地域に求められ役に立つ事業を着実に具体化し、地域の組合員一人一人の知恵を集めて、一歩一歩共に進めて行きましょう。
 以下の表は、第1回世話人会から創立総会の開催までの歩んできた歴史です。


日付会の名称主な活動
 2002年1月14日 第1回世話人会飯倉国見氏ほか9名で福祉生協の設立発起人会開催について協議
 2002年1月21日 第2回世話人会発起人会の開催日時、議題・内容、発起人の人数構成などの協議
 2002年1月30日 第3回世話人会第1回発起人会の運営や事務局体制など協議
 2002年3月9日 第1回設立発起人会発起人会の発足、事務局体制の確認、6名の代表発起人の選出、事業の目標、定款案など協議。賛同署名の進捗など協議・報告
 2002年4月13日 第2回設立発起人会事業計画・収支予算案の確認、定款案の確認、賛同署名の取り組みについて協議
 2002年5月18日 第3回設立発起人会定款案の一部修正、諸規約案等の確認
 2002年10月12日 『高齢社会を考える大分の集い』開催大分市南部公民館で開催、5名のパネラで50名参加
 2002年11月23日 第4回世話人会県との協議・指導などの報告、創立総会の取り組みについて協議、飯倉国見発起人を発起人代表とすることを決定
 2003年1月7日 第5回設立発起人会定款案ほか創立総会議案について協議・確認
 2003年1月25日 第6回設立発起人会創立総会の議事次第と進行運営について協議・確認。設立登記等に関する準備のための協議
 2003年2月23日 創立総会開催 


前のページへ
ページの先頭へ