ふくし生協は、以下の視点に立って活動しています。


「寝たきりにならない、しない」を合い言葉に誰もが人間としての尊厳を保持して生涯を過ごせるよう、 励まし合い助け合う仲間づくりを進めましょう。


自分たちが必要とし高齢社会が求める社会サービスを、非営利・協同の市民事業として地域に起こし、社会に役立つ仕事や活動に高齢者が参加する機会を広げましょう。介護保険制度の下では生協法人として居宅サービス事業者となります。


引きこもらず独りぼっちにならずに、生活に役立つあらゆる情報―保健・福祉・医療・仕事・文化から遊びまで― を伝えあい、学び合い、日本社会の国民的財産を最大限に享受できるよう、協同のネットワークづくりを進めましょう。


これら高齢者を中心とした地域社会の福祉増進と生き甲斐づくりを進め、高齢者自身の社会参加の機会を広げるための高齢者福祉生協は、社会全体の活力を高め、国や自治体の高齢者福祉行政の向上に寄与するものと信じます。


 詳しい内容はこちら
 創立総会の様子
 創立宣言の全文はこちら
 ふくし生協の歴史はこちら


ページの先頭へ